こんにちは。
5月もそろそろ終わりに近づいてきましたね!!
梅雨も近づいているというのにこの暑さ、、、(^^;;
みなさまはいかがお過ごしでしょうか?
ベースキャンプでは、暑い日でも雨の日でも定期的に様々なイベントを開催しています(^^)

そんな今日はイベント『unityの日』が開催されました!
その模様をお伝えしたいと思います!!


☆unityとは??☆


Unity(別名:Unity3D)とは、統合開発環境を内蔵し、複数のプラットホームに対応するゲームエンジンである。ユニティ・テクノロジーズ(英語版)が開発した。日本法人はユニティテクノロジーズジャパン合同会社。ウェブプラグイン、デスクトッププラットフォーム、ゲーム機、携帯機器向けのコンピュータゲームを開発するために用いられ、100万人以上の開発者が利用している[3]。Unityは主にモバイルやブラウザゲーム製作に使用されるが、コンソールゲーム機およびPCにゲームをインストールすることもできる。このゲームエンジン自体はC言語/C++で書かれているが、スクリプト言語としてC#、UnityScript (JavaScript)、Booの3種類のプログラミング言語に対応している。2005年にOS Xに対応したゲーム開発ツールとして誕生してから、今日ではマルチプラットフォームに対応したゲームエンジンにまで成長した。
(Wikipedia参照)


☆イベントの様子☆



年齢、職業も様々で初めまして同士の方ばかりですが、皆さんとても和気藹々と楽しまれていました。
皆さんそれぞれ違う職業の方が集まっているので、それぞれ違う視点、違う目的で、unityの勉強をされています。
お互いに違う視点からunityについて語り合い、話も盛り上がります!☆



イベントでは知識の話ばかりではなく、実際に体験もしながら勉強会が進んでいきます。
実際に機械を使いながらのゲーム体験も!!
ゲームをする人はヘッドフォンと3Dを見るためのアイマスクをつけるので、完全にバーチャルの世界に入り込んでしまいます!
なので本人はバーチャルの世界に完全に入り込んで動いていますが、端から見るとなかなか怪しい動きをしているんです、、、(^^;;笑


☆参加者さんにはなんと中学生も!☆



参加者の方の中にはなんと中学生の方が!!
あまりの若さに驚きを隠せないスタッフ、、、。(2000年代産まれ、、、若いなぁ。笑)
他の参加者の方は、中学生の方にもわかるように優しくお話しされていたり意見交換などもされていて、とても勉強になっていたようです!!
こうやって若い世代が大人に混じって本物に触れながら勉強や体験ができることはとても貴重な経験になりますね!


敵を的確に射止めて攻撃!
かなりお上手でした(^^)


☆スタッフの体験レポ☆


ゲームのステージは色々あるのですが、私はちょっと薄暗い怪しい部屋に入る体験をさせていただきました!
最初は明るい機械室のようなステージで、自分で風船を膨らませたり、その風船をポーンと叩いたり(風船を叩く音や感覚、これがかなりリアルなんです(゚o゚;;!!)とても楽しいステージでした!
その次に変わったシーンが薄暗い怪しい部屋だったのですが、、、いろんなドッキリが仕掛けられていて、これまたかなりリアルで怖いんです!笑
初めての3Dゲームの体験でしたが、音・空間・距離感・映像などなど全てがリアルで、バーチャルなのかリアルなのか混乱するほどでした、、、。
かなり素人の意見ですが、こんなリアルな世界が作れるなんてunityはすごい!面白い!と感じました(^^)


☆いかがでしたでしょうか??☆


このようにベースキャンプでは、定期的にイベントを開催しています!
「身内だけでやってそう、、、」「馴染めるかわからない、、、」そんな不安を持っている方もいると思います。
しかしイベント参加者さんは経験や年齢・性別もバラバラですが、ほとんどの方が初めての方なので心配なく参加していただけますよ☆
また参加者さま同士仲良くなり人脈や繋がりも増えることで、より仕事の幅が増えることもあります!

ぜひ気になるイベントがございましたら、お気軽に参加してみてください☆!