「田舎の企業・店舗 ホームページへの集客〜来店・問い合わせをしてもらうには?」を開催しました

本日、運営堂の森野さんをお招きして、「田舎の企業・店舗 ホームページへの集客〜来店・問い合わせをしてもらうには?」を開催しました。

田舎や地方でのホームページの運用・集客・活用方法がわからずに悩んでいる方を対象に、

  • ホームページに対する基本的なスタンス
  • ホームページですること
  • Google アナリティクスで見るところ
  • コンテンツの作り⽅

についてお話していただきました。

零細企業・個人商店では一人っきりでホームページを運用しないといけません。
そんな孤独の中、どのようにすれば日々の運用が楽になるかをGoogle アナリティクスなどを使って、「リアルの活動のサポート」という位置づけで説明します。
また、メディアなどでは語られることのない地方でのホームページ活用方法にも触れます

1. ホームページの基本的なスタンス

田舎の場合は、ホームページへのアクセス数が少ない、時間やお金をかけられないといった現状や、外の人の気持ちになって自分を伝えることが大切であることなど、ホームページを運用する上での基本的なスタンスを解説されました。

2. ホームページですること

まずは、「当たり前のことを書く」「今を書く」こと。メニューが間違っている、価格が間違っているといった状態にならないよう、タイムリーに修正し、最新の情報を掲載するという本来やるべきことをきちんと書くことを指摘されました。

発信する方法として、実際に運営堂さんのアカウントで行っている、ブログやtwitterやfacebookを例に、運用方法の違いを解説されました。

3. Googleアナリティクスで見るところ

それらができている状態で、見るポイントはどこか?キーワードをどう活用すればいいか、といったことを実際のGoogleアナリティクスの画面で解説をされました。

4. コンテンツの作り方


記事を書けるようになる方法として、アマゾンのレビューをオススメされました。

最後は、参加されている皆さんが座っている椅子のレビューを実際に書く時間もありました。


まとめ

都会の大企業と違い、「田舎の企業・店舗」は、変化が少ないからこそ、リアルな反応を大切にしながらサイトの運用をしていく必要があるというお話でした。


講師紹介


森野 誠之さん

運営堂

平日毎朝配信されるメルマガがおすすめです。SEO、リスティング広告、アクセス解析、ソーシャルメディア、スマホ・タブレット、EC、Webマーケティング全般 なと、人力で集めた情報を9つのジャンルをまとめ読みすることができます。

また、下記のサイトで執筆をされています。

アクセス解析の日

今回講師をされた森野さんも毎月参加されている「アクセス解析の日」の紹介です。

ベースキャンプ名古屋では、毎月第1水曜日に「アクセス解析の日」を開催しています。アクセス解析に興味がある人が集まって、同じテーブルで仕事や自習ができる1日です。ちょっと誰かに相談したい、Googleアナリティクスの使い方を誰かに聞きたい、そんな時にもお越しください。

アクセス解析の日 2015/01/07


最新記事

カテゴリー

ハッシュタグ

2020

4

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30