2015年1月31日(土)に、講師に長谷川 恭久さんをお招きして、WCAN mini 2015 Vol.1「UXデザインプロセスを活用したコンテンツの評価方法」を開催しました。ご参加いただいた皆さまありがとうございました。

4つのグループにわかれ、UXデザインプロセスで活用されるジャーニーマップという手法を用いたワークショップが行われました。

ジャーニーマップとは

ジャーニーマップとは、顧客やユーザーの行動を視覚化し共有する手法です。マーケティングでは以前から使われていますが、近年Web制作でも注目・活用されています。

カスタマージャーニーマップが使える理由と注意点 : could

アクセス解析やインタビューなどの調査を元にしたペルソナを用いることで、ユーザーがゴールまでに抱く感情や行動を把握・整理・共有することができます。

今回は、このジャーニーマップの作り方の基礎を学ぶ5時間のワークショップが行われました。

ワークショップ


ワークショップ前半ではグループにわかれ、科学館のサイトを例にペルソナを作成し、訪問する前、訪問中、訪問後に、どのような感情が生まれどう行動をするか、意見を出し合いジャーニーマップを作成しました。


作成したジャニーマップを各グループの代表者が発表。


ワークショップ後半では、作成したジャーニーマップをもとに「既存」コンテンツの改善と、「新規」コンテンツを考えます。


実際のサイトを見ながら、意見を出し合います。


最後に、グループごどに考えたコンテンツ発表し、講師の恭久さんが講評されワークショップが終了しました。




今回講師にお招きした、長谷川恭久さんはご自身のブログ「could」でUXデザインプロセスをはじめWeb制作に関わる情報を発信されています。最新のWebの情報や考え方を学ぶことができます。

could


近日開催予定 WCAN主催セミナー

WCAN mini 2015 Vol.2 Web制作のためのSublime Text

日時:2015年3月6日(金) 19:30~21:30
場所:ベースキャンプ名古屋
定員:35名
費用:3,000円
申込先: WCAN mini 2015 Vol.2

WCAN 2015 Spring

日時:2015年04月11日(土)
場所:電気文化会館イベントホール