デジカメもこの頃は高機能で低価格、写真を楽しむWebサービスも色々あるし、iPhoneやスマホでもそこそこいい写真が撮れてその場で仲間と共有と、写真の楽しみ方も大きく変わって来ました。周辺のテクノロジーとあいまって、Web制作者はカメラ&写真が大好きな人が多い気がします。
そこで、せっかくですから、カメラ&写真のことを少し勉強してちょっとレベルアップしてみましょう。
今回は、カメラと撮影の基本的なことを学び、それを踏まえて即撮影に出かけて、撮った写真を参加者みんなで鑑賞会しながら、楽しく学ぶワークショップです。カメラ買ったけどイマイチよく解らないのでずっとオートで使ってる人。カメラ買いたいけど、どんなの買ったらいいのか解らずにずっとiPhoneで撮ってる人。そんな人も何かヒントになると思います。

数年前にWCANワークショップや静岡のWCAN:Pでも、似た内容を開催しましたが、改めて。

■日時

2012年12月1日(土) 11:00-19:30(受付10:00-)

■場所

ベースキャンプ名古屋

■費用

4,000円

■タイムスケジュール

11時〜13時30分

「座学「Webデザイナーも知っておきたい写真と撮影の基礎知識」 写真の基礎知識:写真の写る仕組みから始まり、構図、シャッタスピード、絞りなど写真の基礎を学びます。 撮影の基礎知識:撮影する時にどんなことに気をつけて撮るかを始めとして基礎を学びます。

13時30分〜16時(16時30分)

グループに分かれてランチタイム&撮影会。 2つの課題の写真を撮りにカメラを持って出発。 周囲の人やお店の人の迷惑にならないように、午前中に座学で学んだ内容をふまえて 課題に挑戦してみてください。ひとしきり撮影したら、自分なりのベストショットを 頭の中であらかじめ選んでおいてください。

撮影が終わったグループから16時にはベースキャンプに戻ってデータの読込。 一度にはできないので、時間が足りない場合は遅くとも16時30分までには ベースキャンプに戻って来てください。

16時〜17時

データ読込&プチ懇親会。 この後、撮影した写真をみんなで鑑賞会&プレゼンタイム。 それぞれのベストショットのデータをMacに読込みます。 人数が多いので1時間程度見込んでいます。 この間、時間をもてあますので、他のグループの人とも交流したり 自分が撮影した写真を軽くプレゼンして頂くので、内容を考えたりしてください。

17時〜19時30分

課題写真の鑑賞会。 参加者みんなでそれぞれが撮影した写真を観ながらわいわいがやがや楽しみましょう。 自分が撮影した写真を大勢にみてもらって感想を聞いたり、 同じようなシチュエーションで撮った人の写真を見たりするのも 新たな発見がありとても楽しいし勉強になりますよ。

■参加する際に必要なもの

カメラ。 できればデジタル一眼かミラーレス一眼がベストですが、 コンパクトデジカメでも、iPhoneでもスマホでも…写真が撮れればなんでもOKです。 ※フィルムのカメラはすぐに見れないので残念ですが….

ただし、構図に関してはどんなカメラでも問題ないのですが、 絞りやシャッターを調節できないカメラでは、座学部分を十分に反映できませんので、その点ご了承ください。

■講師紹介

株式会社ふわっと 岡田 陽一 さん


1986〜1992年までシアトルに滞在。美術大学のビジュアルコミュニケーション科でアート・写真・デザインを学ぶ。 その後、東京のデジタルイメージ制作会社に入社。6年間の広告ビジュアル制作後退社。1999年兵庫県の西の端っこ地元姫路近辺に拠点を移しWebサイト制作や撮影の仕事をフリーランスで活動して13年を経て、今年5月に神戸に新しく株式会社ふわっとを立ちあげ、企業のWebサイト制作や印刷物の制作、それらの素材などに必要な人物や商品などの撮影を中心に制作全般を行っています。セミナーやイベントなど関西エリアだけでなく東京や名古屋にも適度に出没します。


シェアする